医師会の仕事

3-6.地域医療福祉保障問題−感染症


感染症担当の仕事

 行政からの各種通知、資料が、直接にあるいは日本医師会、大阪府医師会を経由して本会に送付されます。これらの情報を取捨選択し、区民の健康にとって最善の結果が生み出されることを念頭に入れ、会員に届けています。

 従来の予防法・治療法では対応が困難と考えられる感染症の流行が予想されるときには、新興感染症対策本部を立ち上げ、可及的速やかに会員に情報を提供します。

 また結核治療コホート委員会に委員を派遣し、行政とともに結核対策を担っています。

(2016年8月:担当理事 大原 裕彦)